賃貸の短期契約の場合

2019年11月19日

 

短期の賃貸契約について

 

建替え、大規模修繕などで、短期のお部屋探しをご依頼されることがあります。

当社のエリアでいうと、短期用物件というのは、中々ないのが実情です。

オーナーからすると、入ってもすぐ出るでは、原状回復や募集費、その他で費用が掛かってしまうばかりで儲からない、ということです。

実際、前後に賃料が入らない期間もありますし、せっかくリフォームしたのに、中途半端になってしまうということもあります。

また、退去時期が繁忙期を逃してしまったりすると、次はなかなか決まらなくなるのでは、という不安もあります。

 

個人オーナーや空室の多い物件で、タイミングが合えば、相談に乗ってもらえる、という感じかと思います。

ちょうど空いたばかりで、リフォームなしで入ってもらえて、繁忙期前には退去してもらえる、というような場合です。

なかなか都合の良い物件というのは、見つかりませんので、短期の賃貸契約の予定がある場合は、不動産会社にできるだけ早めにご相談いただくことおすすめします。